ISBN 日本図書コード管理センター

HOME > ISBNとセンターについて > 書籍出版流通とISBN
ISBNとセンターについて
書籍出版流通とISBN
 日本国内で発行する書籍にISBNを表記しようとする方は、日本図書コード管理センターに「ISBN出版者記号」の発行を申請してください。出版取次会社や書店(ネット書店も含む)を通して本を販売しようとする場合、ほとんどの方がISBNコードを付けることを要求されるはずです。また、非売品であっても、図書館へ納める場合にISBNコードが必要になることがあります。
 日本図書コード管理センターから出版者記号の発行を受けた方(法人・個人を問いません)は、自らが発行者として個別の書名ごとにそれぞれ固有のISBNコードを付与して表記します。
 さらに、書籍を市販する場合はISBNを含む日本図書コードの文字表現だけでは足りず、書籍JANコードも併せて表記することが一般的です。書籍JANコードは、日本図書コードを2段のバーコードシンボルで表現するもので、情報処理を効率的に進めるため、書店のPOSレジをはじめとする流通販売システムでは不可欠のコード表現となっています。
 ただし、これらのコードを表記さえすれば、あなたの発行する書籍が無条件で流通するわけではありません。ISBNやJANコードを表記することは流通する上で必要な手段ですが、コード番号を付けたり、出版者記号を登録すれば取引が保証されるわけではありません。誤解のないようにご理解ください。
 ISBNコード/日本図書コード/書籍JANコードなどの概念を図によって示すと次の通りです。いずれも表記の場合の実寸大ではありません。

書籍関係のコード表現
チェック数字の検算
よくあるご質問
ご住所・電話番号他の登録内容の変更届出について
コードリスト・手引きなどの頒布物申し込みのご案内
ISBN出版者記号を既に取得の方で書籍JANコードのみ申請
INFORMATION
日本図書コード管理センター
《新住所》
〒162-0828
東京都新宿区袋町6
日本出版会館
TEL 03-3267-2301
FAX 03-3267-2304