30万借りたい人が使える方法は?即日融資に対応している方法をすべて紹介

30万円を借りる方法

どうしても30万円借りたいときに、どの金融機関でどうやって借りればいいのか迷っている人は多いでしょう。

この記事ではそういった人のために、20万~30万円ほどの金額を借りるのに向いているカードローンや、即日融資を受けたいときに知っておきたい審査と返済のコツまで解説しています。

「車の免許を取るために今日中に30万必要…」
「引越しをするためのお金が足りない…」

こういった悩みがある人は、ぜひ参考にしてお金を借りられるように準備しましょう。

30万円を即日で借りたいなら消費者金融カードローンが使える

30万円を即日融資したい人には、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融のカードローンには、こちらのような特徴があります。

消費者金融カードローンのメリット
  • 即日融資を受けられる
  • 無利息期間を使ってお得に借りられる
  • コンビニATMや無人店舗ですぐに借りられる
  • スマホでいつでも申し込みできる
  • 借りたお金の使い道が自由
消費者金融カードローンのデメリット
  • 収入がない人は審査に通らない
  • 金利が18%ほど発生する
  • すでに他社で借りていると審査が厳しい

消費者金融カードローンでお金を借りる最大のメリットは、『手軽にお金を借りられる』ことです。

審査スピードは最短30分の早さで、即日融資が可能。
お金は近くのコンビニATMや無人店舗に立ち寄れば、すぐに借入ができます。

また30万円の借入を申し込むときに必要な書類は、本人確認書類のみです。

運転免許証などの身分証明書さえ持っていれば、スマホでいつでも申し込みできる手軽さがあります。

銀行のカードローンと比較すると少し金利は高いため、長期間の返済になると利息が大きくなるので注意しましょう。

ここからは30万円を借りるのにおすすめな、大手消費者金融のカードローンを紹介します。

即日融資で30万円を借りられる「プロミス」

プロミスの店舗
金利 4.5~17.8%
融資時間 最短1時間
無利息期間 30日間
借入できる時間 24時間対応

プロミスも即日融資に対応しており、30万円をすぐに用意できる消費者金融です。

初めての利用では30日間の無利息期間があるので、1ヶ月は利息0円で借りられます。

またプロミスは、アプリローンでの取引が便利なサービスです。

ローンカードを持ち歩かなくても、アプリさえあればコンビニATMなどでいつでもスマートに借入できます。

アプリには、プロミス会員が利用できる「三井住友VISAプリペイドカード」のチャージや、プロミス会員限定の優待クーポンなどの、嬉しい機能が充実。

契約すると、お金を借りる以外の場面でも活躍するサービスとなっています。

>>プロミスの最短15秒診断はこちら

30万円を負担なく借りられる「レイクALSA」

レイクALSAの店舗
金利 4.5~18.0%
融資時間 Webで最短60分融資※1
無利息期間 60日間(全額)※2※3
180日間(5万円まで)※2※4
借入できる時間 24時間対応

レイクALSAは、無利息期間が長い特徴のある消費者金融。

無利息期間は60日間※2※3あるため、約2ヶ月ほどは利息0円で借りられます。

30万円をレイクALSAで借りる場合、60日間の無利息が適用されると13,489円もお得に借りられます

返済する金額を少しでも減らしたい人には、ぴったりの消費者金融カードローンでしょう。

スピーディな審査対応や、スマホアプリによる取引の対応も便利で、全体的に使いやすい消費者金融です。

>>簡単15秒でわかる!レイクALSAの借入シミュレーションはこちら

レイクALSAでは、無利息期間を「借入額の5万円分だけ180日間」に変更ができます。
しかしこれは1〜10万円までの、少額の融資に向いている制度です。

30万円を借りたい人は「60日間無利息」を選んだ方が、利息を抑えられます。

※1 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※2 初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
※3 Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
※4 契約額1万円~200万円まで

30万円から確実に借りられる「オリックスVIPローンカード」

オリックスVIPローンカード 券面
金利 1.7~17.8%
融資時間 最短即日※1
借入可能額 30万円〜最高800万円
借入できる時間 24時間対応

※1 平日の14:30までに手続きが完了した場合

オリックスVIPローンカードは、借りられる金額が30万円からに設定されている消費者金融。

審査に通過さえできれば、確実に30万円を借りられるカードローンとなっています。

借入できる上限額が800万円と高めに設定されているため、借りた後も着実に返済を続ければ、追加の融資も受けやすいでしょう。

審査スピードが早く即日融資にも対応しており、急ぎでお金を用意したい人にもおすすめできます。

>>最短60分審査!オリックスVIPローンカードの申し込みはこちら

最短30分で30万円を借りるなら「アコム」

アコムの無人店舗
金利 3.0~18.0%
融資時間 最短1時間
無利息期間 最大30日間
借入できる時間 24時間対応

アコムは30万円を即日融資で借りたい人に、おすすめの消費者金融カードローンです。

審査にかかる時間は最短30分の早さで、申し込みからお金を借りるまでは最短1時間ほどで完了することも。

無人店舗の数も多く、申し込みから契約まですべて手続きできる「むじんくん」の設置数は全国900店舗以上※1も。

近くに店舗があれば、その場ですぐにお金を借りられます。

>>24時間受付!アコムの3秒診断はこちら

アコムの借入は提携している銀行やコンビニATMでも可能ですが、手数料が発生します。
手数料を抑えるためには、無人店舗のアコムATMを利用しましょう。

30万円の融資が早くて便利な「アイフル」

アイフルの無人店舗
金利 3.0~18.0%
融資時間 最短1時間
無利息期間 最大30日間
借入できる時間 24時間対応

アイフルは即日融資に対応しており、アプリでの取引など便利なサービスが多い消費者金融。

全国のコンビニATMから借入可能で、郵便物なしでの契約もできるため、周りにバレずにお金を借りたい人にも向いています。

アイフルの特徴は、利用者へのサポートが豊富な点です。

LINEによるチャットのサポートを使って、わからないことや疑問を解決できます。
無人店舗で契約する際にも、電話でオペレーターと話しながら契約を進められます。

30万円は決して安い金額ではないため、返済などに不安がある人はアイフルで相談しながら申し込みしてみましょう。

>>チャットで無料相談!アイフルの1秒診断からスタート

Webだけで30万円借りるなら「SMBCモビット」

SMBCモビットの店舗写真
金利 3.0~18.0%
融資時間 最短即日※1
無利息期間
借入できる時間 24時間対応

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは、Web完結申し込みが便利な消費者金融。

手持ちのスマホやパソコンから、お金を借りるまでのすべての手続きをWeb上だけで完了できます。

自宅への郵便物や、勤務先への電話連絡をなしにできるため、家族は会社の人に借金を隠したい人に向いています。

また返済するごとに、Tポイントを貯められるのもメリットです。
200円ごとに1ポイントが貯まるので、30万円を返済すると1500ポイントを貯められます。

金利を抑えて30万円を借りたいなら銀行カードローン

30万円を借りられるカードローンは、消費者金融だけでなく、銀行が取り扱っているものもあります。

銀行カードローンには、こちらのような特徴があります。

銀行カードローンのメリット
  • 低金利でお金を借りられる
  • お金の使い道が自由
  • コンビニATMですぐに借りられる
  • 来店なしでスマホで申し込みできる銀行が多い
  • 専業主婦でも借りられる可能性がある
銀行カードローンのデメリット
  • 審査に通りにくい傾向がある
  • 即日融資を受けられない
  • 返済期間が長くなりやすい

銀行カードローンの最大のメリットは『金利が低い』ことでしょう。

代表的な銀行カードローンの金利を確認すると、14%ほどの金利でお金を借りられます。

銀行カードローンの金利比較
銀行名 金利
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 1.8~14.5%
りそな銀行 カードローン 3.5~13.5%
みずほ銀行 カードローン 2.0~14.0%
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
イオン銀行 カードローン 3.8%~13.8%
セブン銀行 カードローン 14.0%〜15.0%

大手消費者金融の金利が18%であることを考えると、銀行カードローンは4%ほど低金利で負担を抑えて借りられます。

例えば30万円を借りて2年間で返済する場合、支払う利息にはこちらのような差が出ます。

銀行カードローンの場合

銀行カードローン(金利14%)で30万円を借りると…

毎月の支払額 14,403円
利息合計 45,683円
消費者金融カードローンの場合

消費者金融カードローン(金利18%)で30万円を借りると…

毎月の支払額 14,977円
利息合計 59,441円

銀行カードローンで借りた方が、利息の総額は13,758円安いです。

もし毎月の支払額を1万円以下などに減らす場合は返済期間が長くなるため、金利の低い銀行カードローンはさらに利息を抑えて借りられます。

ただし銀行カードローンのデメリットには、『審査に通りにくい』といった点があります。

審査基準が厳しいため、消費者金融と比較するとお金を借りられる人が少ないです。

会社員や公務員といった給料が安定している人は審査に通りやすいですが、以下に当てはまる人は、審査で不利となります。

銀行カードローンの審査で不利な人の特徴
  • 転職したばかりで勤続年数が短い
  • フリーランスや自営業で毎月の給料が安定しない
  • アルバイトやパートで収入が少ない

審査に不安がある人は、楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行で申し込むのがおすすめ。
大手メガバンクのカードローンと比較して、審査に通りやすい傾向があります。

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの画像
金利 1.9~14.5%
融資時間 最短翌日
無利息期間
借入できる時間 24時間対応

楽天銀行スーパーローンは、低金利で借りられる銀行カードローン。

会社員でなくてもアルバイトなどで収入があれば、審査に通る人が多いです。
大手の銀行カードローンより対応が早く、最短翌日にはお金を借りられます。

コンビニATMでの手数料が無料になるのもメリットで、都合のいいタイミングで近くのコンビニで取引できるのも嬉しいです。

楽天銀行スーパーローンは、公式サイトからいつでも申し込みができます。

銀行の目的別ローンはさらに低金利で借りられる

銀行ではカードローンだけでなく、さらに金利が低い目的別ローンでもお金を借りられます。

カードローンは借りたお金を自由に使えますが、目的別ローンではあらかじめ借りたお金を何に使うかが指定されています。

銀行にある目的別ローンの例
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • リフォームローン
  • ブライダルローン
  • トラベルローン

「車を買うための頭金が必要!」「子供の入学費が足りない…」など30万円の使い道が決まっている人は、銀行の目的別ローンを利用して、返済の負担を減らしましょう。

30万借りたいとき審査に通るコツは?

30万円を確実に借りるためには、審査に通りやすくなるためのコツや注意点を抑えて申し込みをしましょう。

消費者金融のカードローンで30万円を借りるには年収が90万円以上必要

30万円を借りるための審査に通るには、十分な年収があるかを確認する必要があります。

消費者金融のカードローンで30万円を借りるためには、少なくとも90万円以上の年収が必要です。

この理由は消費者金融などの貸金業者で利用者に貸付できる金額が、年収の3分の1までに制限されているからです。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。
(引用元:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会)

これは利用者の返済能力を超える貸付ができないように制限する目的で、総量規制という法律によって決まっています。

月収が7.5万円以上ある人は年収が90万円以上になるため、30万円の審査に通る可能性があります。

特に学生やパート主婦で収入が少ない人は審査で不利な属性なので、年収が90万円以上あっても必ず審査に通るとは限りません。

他社での借入があると審査に落ちやすくなる

すでに他のカードローンなどでお金を借りている人は、新規での借入が難しくなります。

実際に消費者金融で審査に落ちた人の口コミを調査すると、他の会社でも借金があるといった人が多くいます。

45歳(男性)の口コミ

カードローンに申し込みましたが、結果は審査落ち。
当時は別のカードローンで借金が20万円くらいありました。

26歳(男性)の口コミ

消費者金融で50万円ほどの借金があり、返済が難しくなったので別の会社でまた借りようとしましたが、審査に通りませんでした。

複数の会社でお金を借りていると、返済能力や計画力がないと判断されやすくなってしまいます。

また法律で制限されている、年収の3分の1ラインを超える可能性も大きくなるため審査が厳しくなるでしょう。

もっとも審査に影響するのが、他社での支払い期限の延滞です。

カードローンで借りた金額や返済の履歴は、すべて『信用情報』というデータとして残ります。
個人の信用情報はどの金融機関からでも確認できるため、審査で重要な指標になります。

これまでに別のカードローンで支払いの延滞や滞納を繰り返していると、新しいローンを組む際に悪影響となってしまうのです。

カードローン系の信用情報を取り扱う『CIC』の場合、延滞の履歴は最長で5年間残るため、普段から支払いが遅れないように気をつけましょう。

審査なしで30万円を借りる方法は?

カードローンの審査に落ちた人や、収入がなくカードローンへ申し込めない人は、審査なしでお金を借りる方法を検討しましょう。

通常お金を借りるためには必ず審査が行われるため、審査なしで30万円を用意できる方法はかなり限られています。

条件や金額をしっかり確認して利用しましょう。

クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの写真

現在クレジットカードを持っている人は、キャッシング機能を利用すると審査なしで現金を借りられます。

キャッシング機能で借りられる金額は、クレジットカード発行時の審査結果によって決まっているため、お金を借りる際に追加での審査は必要ありません。

クレジットカードのキャッシングで30万円を借りる場合は、利用限度額が足りているか事前確認しておきましょう。

カードを発行したばかりの人や、収入が少ない学生の人は、キャッシング利用枠が10万円ほどの少額になっているケースが多いです。

質屋でお金を借りる
質屋に預けられるアクセサリーとApple商品の写真

質屋とは自分の持っているブランド品や品物を担保にして、お金を借りられる業者です。

借りられる金額は差し出す物品の価値によって決まるため、利用者本人の収入や勤務先などの審査はなしでお金を借りられます。

ただし質屋で30万円を借りるとなると、高級なブランド品が必要です。

質屋で30万円以上の査定になる品物
品物 査定額
ロレックス サブマリーナデイト 600,000〜750,000円
エルメス バーキン30黒トゴ 600,000〜1,300,000円
カルティエ ラブブレスPG 250,000〜400,000円

(引用元:質屋の大黒屋【公式】

ロレックスやエルメスといった高級ブランドの時計やバッグを持っていないと、30万円もの金額を借りるのは厳しいでしょう。

質屋の店舗によっては、一眼レフカメラやApple製品のパソコンなどでお金を借りられる場合もあります。

新型コロナ関連の支援制度

新型コロナの影響によって休業・失業に追い込まれ、お金に困っている人は、国の支援制度でお金を借りられます。

生活費や食費などでお金が必要な人は、『総合支援資金』の申し込みが向いています。

対象者 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業などにより生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯。
貸付上限 2人以上:月20万円以内
単身:月15万円以内
返済期間 10年以内
貸付利子 無利子

総合支援資金を申請すると、毎月継続的に支援を受けられるため、30万円以上の借入が可能です。

金融機関のカードローンとは違いあくまでも支援制度なので、利息の負担はなく、返済期限も10年まで延長できるメリットがあります。

生活に困っていれば、無職の人でもお金を借りられる可能性がある制度です。

ただし利用するための条件は厳しく、実際にお金を借りるまでには1ヶ月ほどかかることもあります。
親や友達からお金を借りる

どうしても30万円が必要な人は、親や友達といった身近な人から借りるのもひとつの手です。

周りの人に借りると審査がなく、利息が発生せず返済の融通がきくメリットもあります。

ただし親や友達などからお金を借りる際には、いくつかの注意点があると覚えておきましょう。

  • 信頼関係を失う可能性がある
  • 借用書が必要になる場合もある

個人間でお金を貸し借りをすると、トラブルに繋がる大きな原因になります。

「貸したお金が返ってこない」
「◯日までに返すといったのに約束を破られた」

このような事態が発生すると関係にヒビが入ることとなり、最悪の場合は法的手段を取られることに…。

トラブルを防ぐためには借用書を用意し、お互いが貸し借りした金額や返す期限に認識のずれがないか、確認できるようにしておきましょう。

30万円の返済にかかる期間は?利息の計算方法も解説

30万円ものお金を借りるとなると、毎月の返済額やいつ返済が終わるのか不安な人も多いはず。

カードローンでお金を借りると翌月からすぐに返済が始まるため、しっかり返済計画を立ててお金を借りるのがおすすめです。

返済にかかる利息は、こちらの計算式によって決まります。

利息の計算方法

『金額』×『金利』÷『365日』×『日数』

自分で計算するのが面倒な人は、消費者金融の公式サイトにある『返済シミュレーション』を使うといいでしょう。

各消費者金融カードローンで30万円を借りた場合でシミュレーションすると、毎月の返済額はこちらのようになります。

消費者金融で30万円借りた場合の返済額と利息
消費者金融 毎月の返済額 返済期間 利息総額 返済総額
レイクALSA※1 12,000円 2年7ヶ月(31ヶ月) 63,862円 363,862円
アコム 12,000円 2年8ヶ月(32ヶ月間) 78,817円 378,817円
アイフル 11,000円 3年(36ヶ月) 88,625円 388,625円
プロミス 11,000円 3年(36ヶ月) 87,289円 387,289円
SMBCモビット 13,014円 3年(36ヶ月) 88,683円 388,683円

※ 各消費者金融の最低返済額を元にシミュレーションされた参考値となります
※1 60日間無利息が適用された場合

毎月の返済額は約12,000円ほどで、3年ほどの期間があれば完済ができます。

また利息は、合計で7〜8万円ほど発生します。

消費者金融は手軽にお金を借りられるので利息を意識しない人も多いですが、これだけの利息が発生することを覚えておき、計画的に返済できるようにしておきましょう。

30万円借りるときの返済のポイントは?

消費者金融で30万円を借りた際の返済総額は、いくつかのポイントを実践して減らせます。

返済負担を少なくする方法
  • 無利息期間がある消費者金融を選ぶ
  • 毎月の返済額を増やして早めに返済する
  • ボーナスで一括返済する

少しでも返済金額を低くしたい人は、それぞれのコツを確認していきましょう。

無利息期間のある消費者金融を選ぶ

30万円を消費者金融で借りると、翌月から4,000円ほどの利息が発生します。

無利息期間が適用されると、この利息分を減らせるので、よりお得にお金を借りられるでしょう。

返済額を減らしたい人には、無利息期間がある消費者金融カードローンがおすすめできます。

また無利息期間を利用する際は、適用条件に注意しましょう。

各消費者金融で無利息期間が適用される条件
消費者金融 無利息期間の適用条件
レイクALSA ・レイクALSAを初めて利用する人
・Webで申し込みし、ご契約額が1~200万円の人
アコム ・アコムを初めて利用する人
・無担保カードローンを利用する人※1
アイフル ・アイフルを初めて利用する人
・無担保キャッシングローンを利用する人※2
プロミス ・プロミスを初めて利用する人
・メールアドレスを登録したうえ、Web明細を利用する人

※1 クレジットカード、借換えローンは対象外
※2 おまとめローン、事業資金ローンは対象外

適用される条件は各消費者金融によって「Web申し込み限定」「おまとめローンは除外」など、細かく決まっています。

特にプロミスの無利息期間は、契約時にメールアドレスの登録をWeb明細の申し込みが必要です。

毎月の返済額を増やして早めに返済する

返済額は返済する期間が長くなればなるほど、金利による負担が膨らむことに…。

毎月の返済額を少しでも多く増やせば、その分発生する利息も抑えられます。

例えば30万円を借りた場合、毎月の最低返済額は12,000円ほどです。
この返済額を20,000円に増やすだけでも、返済総額は3万6千円ほど低くなります。

毎月の返済額 返済期間 利息総額 返済総額
12,000円 2年8ヶ月(32ヶ月間) 78,817円 378,817円
20,000円 42,404円 1年6ヶ月(18ヶ月間) 342,404円

※ 金利18%でシミュレーション

返済までの期間も1年以上短縮できるため、無理のない範囲で毎月の返済を増やせば、精神的な負担も減らせます。

ボーナスで一括返済して利息を抑える

返済額を減らす1番の対策は、利息を発生させないことです。

そのためには、ボーナスなどでお金に余裕があるタイミングに一括返済をするのが有効です。

ボーナスが支給される金額は業種などによっても異なりますが、厚生労働省の調査によると平均で42万円ほどとなっています。
(参考: 平成29年年末賞与の支給状況

会社員でボーナスが30万円以上ある人は、思い切って一括返済をするのも検討してみましょう。