学資保険の貸付を受けるには?契約者貸付制度なら審査なしで借りられる

学資保険契約者貸付とは?制度の詳細と利用するメリットについて

子供の教育には何かとお金がかかるため、学資保険に加入してお金を準備している人も、多くいるのではないでしょうか。

子供にかかるお金は進学費などのある程度予想できるものだけでなく、思わぬ出費も考えられます。

  • ケガや病気で急に入院することになった
  • 留学に行かせるための費用を用意したい
  • 歯の矯正に費用がかかる
  • ひとり暮らしをさせるための準備

こういった急にお金が必要となった時には、学資保険の「学資保険契約者貸付」の制度を使って、保険に加入しながら貯めた保険金を借りられます。

学資保険契約者貸付は聞き馴染みのない制度かもしれませんが、金融機関でお金を借りるよりも負担が少なく利用しやすいです。

この記事では、学資保険契約者貸付を利用するための条件や審査について、詳しく解説していきます。

そもそも学資保険契約者貸付とは?どんな制度か解説

学資保険などの「解約返戻金」がある保険に加入している人は、契約者貸付の制度を利用して、保険会社からお金を借りられます。

解約返戻金は、保険を解約した際に手元に戻ってくるお金のことです。

後に自分に戻ってくるお金の一部をあらかじめ借りるだけなので、銀行などのローンと比較して、借りるまでの難易度が低いです。

Webからの申し込みや、1回の電話ですぐにお金を指定の口座へ振り込んでもらえる保険会社も多いです。

ソニー生命の契約者貸付の場合、契約者用のWebページで借りたい金額と振込先の口座を指定すれば、確認でき次第すぐにお金を借りられます。

その日のうちにお金を借りられるため、子供のケガなどで突然お金が必要となった場合にも学資保険契約者貸付で対応可能です。

契約者貸付は学資保険だけでなく、生命保険などの解約返戻金がある保険に加入していれば利用できます。

学資保険とはどんな保険?

学資保険は、子供の進学費や教育費に必要なお金を貯めながら加入できる保険です。

毎月保険料を払い、子供の大学進学といったお金がかかるタイミングで学資金を受け取れます。

また万が一、親(契約者)が亡くなった場合には毎月の保険料は不要で、学資金を受け取れます。

学資保険契約者貸付は審査なしで借りられる!

学資保険契約者貸付の大きな特徴に、審査なしで借りられるメリットがあります。

通常金融機関などでお金を借りる際には、本人に返済能力があるかの審査が厳しく行われ、保証人などが必要になる場合もあります。

銀行カードローンの場合、借入までに1週間以上かかることも多く、急ぎでお金を用意したい時には向いていません。

借りる金額によっては収入証明書なども必要となり、書類の準備だけでも時間がかかります。

学資保険契約者貸付の場合は、保険料を払っていれば本人の返済能力に関係なく借りられるため、審査は不要です。

また審査が行われないため、借りるまでのスピードも早いです。

確実に即日で借りたいなら消費者金融カードローン

学資保険契約者貸付は保険会社の営業時間の関係などで、お金を受け取れるのが翌日以降になる可能性もあります。

特に夜間の申し込みは、翌日の対応へ回る場合がほとんどです。

少しでも早くお金を借りたい人は、消費者金融カードローンを検討しましょう。

消費者金融であれば審査は最短30分で完了し、近くのコンビニATMや無人店舗からすぐにお金を借りられます。

新規契約者に無利息キャンペーンを実施している場合も多く、短期間の借入に向いています。

消費者金融は金利が18%前後と高めのため、長期間利用すると思った以上に利息が膨らむケースもあるので気をつけましょう。

学資保険契約者貸付は低金利で利用しやすい!

学資保険契約者貸付を利用した際にかかる金利は、2〜3%ほどに設定されています。

大手保険会社10社の、契約者貸付の金利を比較したものがこちらです。

保険会社 契約者貸付の金利(年率)
かんぽ生命 1.5%〜2.5%
ソニー生命 2.5%
フコク生命 2.0%
アフラック 2.75%
大同生命 3.0%
日本生命 3.0%
明治安田生命 2.15%
第一生命 3.0%
住友生命保険 1.55%

銀行にある教育ローンの金利相場は、おおよそ2.8〜4%ほど。
比べると学資保険契約者貸付のほうが、低金利で子供のためのお金を準備できます。

各保険会社の金利は、保険の加入時期によって異なっているので、利用前に確認しておくのがいいでしょう。

借りたお金の利息は複利で計算される

学資保険契約者貸付を利用する際には、利息が複利で計算されます。

複利とは元々借りたお金へ付いた利息に、さらにプラスして利息が付くよう計算される仕組みです。

複利を説明する画像

例えば学資保険契約者貸付で、50万円を金利3%で3ヶ月借りたとします。
この場合かかる利息は、3,698円です。

500,000円 × 3% ÷ 365日 × 90日(3ヶ月) = 3,698円

この時点で残りの返済額は503,698円となります。

ここからさらに追加で3ヶ月借りた場合、503,698円へさらに3%の利息がつきます。

503,698円 × 3% ÷ 365日 × 90日(3ヶ月) = 3,725円

最初の利息より、少し利息分が多くなっています。

複利では、借りた金額と利息の合計へ、さらに追加の利息がつく仕組みです。
そのため、気づかないうちに返済額が膨らみやすい傾向にあります。

学資保険契約者貸付は低金利で利用できますが、なるべく短期間で返せるような返済計画が大事になります。

お宝保険での契約者貸付は金利が高い

お宝保険とは、バブル期〜1999年頃に契約された保険のことで、予定利率が5〜6%ほどと現在より高いのが特徴です。

そんなお宝保険で契約者貸付を行うと、金利が高く設定されてしまいます。

保険会社 現在の契約者貸付の金利 過去の契約者貸付の金利※
ソニー生命 2.5% 7.0%
フコク生命 2.0% 5.75%
アフラック 2.75% 4.0%
大同生命 3.0% 5.75%
明治安田生命 2.15% 5.75%
第一生命 3.0% 5.75%
住友生命保険 1.55% 5.75%

※1994年4月1日に契約した場合

表内の契約者貸付の金利を平均すると、現在が2.4%ほどなのに対し、1994年に契約した保険では5.7%。

3%ほどの差があります。

加入時期が20年以上前の保険だと、このように契約者貸付で高い金利が適用されるため、利用前にどの金利になるか確認しておくのがおすすめです。

複数の学資保険に加入している場合は、最も金利の低いもので契約者貸付を行えば、返済の負担を軽くできます。

学資保険契約者貸付で借りられる限度額は?

学資保険契約者貸付の限度額は、各保険会社によって細かく異なっているため、加入している保険会社に確認するのがおすすめです。

各保険会社の平均を見ると、解約返戻金の7〜9割ほどに設定されています。

解約返戻金 契約者貸付の限度額(70〜90%)
200万円 140〜180万円まで
300万円 210〜270万円まで

限度額は各保険会社や契約期間によって異なるため、細かく知りたい人は加入している保険会社へ問い合わせするのがいいでしょう。

ここで注意しておきたいのは、解約返戻金の金額を超えないように借りることです。

解約返戻金以上のお金を借りている、返済が滞っているなどの条件が揃うと、保険の契約を解除されてしまいます。

子供のために貯めておいた保険金が使えず、進学費が足りなくなる事態は避けたいものです。

学資保険契約者貸付はあくまでも借金の一部です。

子供の将来のために貯めるお金なので、限度額がたくさんあるからとむやみに借金をせず、本当に必要なタイミングだけ借りるようにしましょう。

学資保険契約者貸付の借入は信用情報に残らない

学資保険契約者貸付でお金を借りても、個人の信用情報には残らないメリットがあります。

消費者金融や銀行でローンを組むと、信用情報にこれまでの借りた金額や返済履歴などが記録されます。

すでに他社で多額の借金をしている人や、延滞を繰り返している人は、この信用情報に記録され、今後申し込むローンの審査通過が厳しくなります。

自分の信用情報が悪い状態だと、住宅ローンなど人生に影響の大きい買い物でも、審査に落ちて購入できないといった事態になってしまいます。

学資保険契約者貸付はいくら借りても、返済が遅れていても、信用情報への記録はありませんので安心です。

学資保険契約者貸付でお金を借りるまでの流れ

学資保険契約者貸付でお金を借りるまでは、手順や用意する書類が少なく簡単です。

対応時間は各保険会社により差があるものの、午前中のうちに申請しておけば、即日でお金を借りられる可能性が高いでしょう。

お金を借りるまでのおおまかな流れは、このようになっています。

①契約者貸付を申し込み

まずは保険会社へ契約者貸付を申し込みましょう。
この際に、借りたい金額なども指定します。

申し込み方法は、Webサイト・電話・保険会社の店頭窓口などがあり、各保険会社によって異なっているので、あらかじめ確認しておきましょう。

電話申し込みの場合繋がるまでに時間がかかりやすいため、Web申し込みがあればそちらを選んだ方がスムーズに手続きできます。

②必要書類の提出

申し込みが完了したら、続いて必要な書類を提出していきます。

学資保険契約者貸付の申し込みにはこれらの書類が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 保険証券(保険証書)

本人の身分を証明する書類と、保険を契約していると証明できる書類の2点があれば、問題ありません。

必要書類を郵送で提出する場合は、1週間ほど時間がかかります。

③指定の口座へ振込

ここまでが問題なく完了すると、指定の口座へ振込が完了します。
希望した金額通りに入金されているか、確認しておきましょう。

振込が済むと、保険会社から貸付の金額などを通知する郵便物が届きます。

家族や同居人に借金を隠したい場合は、郵便物が原因でばれる可能性もあるため、気をつけましょう。

どうしても郵便を止めたい人は、保険会社のオペレーターへ相談するのもひとつの手です。

学資保険契約者貸付は返済期限なし!自分のペースで無理なく返せる

学資保険契約者貸付には、基本的に返済期限がありません

金融機関のローンのように「◯日までに◯◯◯◯円の振込」といった指定もなく、自分のペースで返済ができます。

催促の電話がかかってきて、家族や会社に借金がばれるといった心配もありません。

ただし解約返戻金以上のお金を借りると、保険の契約が失効となるので、借りすぎないように管理しておく必要があります。

返済方法は、銀行・ATM振込、コンビニ払込票、Web決済などから選択できます。

契約者貸付に返済期限がある保険会社も

一部の保険会社では、契約者貸付の返済期限に制限があります。

かんぽ生命の場合、貸付期間は1年間の設定です。 

1年間を過ぎても返済が終わらない場合は、金利の引き上げやもらえる保険金額の減額などが行われます。

学資保険契約者貸付を申し込む前は、念のために返済期限が設定されていないか確認しておきましょう。

学資保険に影響を与えずにお金を借りる方法は?

学資保険は低金利かつ審査なしでお金を借りられる制度ですが、返済できなくなった場合に、子供に将来使うはずだったお金が無くなってしまうリスクもあります。

ただし子供がいる主婦の人はローン審査で不利になりやすく、特に専業主婦の人はお金を借りられる手段は数少ないです。

ここからはそういった人でも、学資保険を切り崩さずにお金を借りられる方法について紹介します。

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行(郵便局)の自動貸付は、ゆうちょ口座の「定期貯金」もしくは「定額貯金」にある金額を担保に、お金を借りられる制度です。

自分が積み立てた預金を元にお金を借りるため、主婦の人でも審査なしでその日のうちにお金を受け取れます。

金利は0.25%〜0.5%とかなりの低金利なので、ゆうちょ銀行で定期貯金や定額貯金をしている人は必見です。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる「自動貸付」とは?仕組みと利用方法

ろうきんの教育ローンで借りる

ろうきん(労働金庫)には、銀行と同じようにローンなどのサービスがあります。

ろうきんの教育ローンは限度額が最大2,000万円までと高く、金利も2.5%前後と低金利で利用しやすいです。

お金を借りられるのは労金の会員のみなので、会員でない人は最寄りのろうきんで契約手続きを行う必要があります。

申し込み方法などの詳しい情報は、こちらの記事で解説しています。

ろうきんでお金を借りるメリット

労金(ろうきん)でお金を借りるなら?メリットと条件、審査の流れ

配偶者基準で審査されるカードローンを使って借りる

専業主婦の人は本人に収入がない状態なので、カードローンで審査に通るのは厳しいです。

しかし一部のカードローンは配偶者に一定の収入があれば、お金を借りられます。

イオン銀行といったネット銀行のカードローンでは、専業主婦の人でも審査に通ると、50万円の限度額で利用可能です。

銀行カードローンの14%ほどで学資保険契約者貸付と比べると高めの設定ですが、現在加入している保険や貯金額がなくても、お金を借りられます。

専業主婦がお金を借りるには?

専業主婦がお金を借りる方法は?夫にバレずに借りれるカードローンを紹介