派遣社員がお金を借りるには?派遣でも借りれる方法と在籍確認を乗り切るコツ

派遣社員がお金を借りる方法と在籍確認を乗り切るコツを紹介

働いている企業と直接の雇用契約を結んでいない派遣社員はお金を借りる上で、収入の安定性が認められずカードローンの審査に通りづらいと思われがちです。

しかしきちんと条件を満たしていれば、派遣でも金融機関でお金を借りられます!

派遣社員がお金を借りるときネックとなるのが、金融機関からの在籍確認です。今回は派遣社員でもお金を借りられる方法と合わせて、在籍確認を乗り切るコツも紹介していきます。

派遣社員でも金融機関でお金を借りられる

派遣会社のサイトの写真

正社員よりも安定性がないと思われている派遣社員ですが、条件を満たしていれば金融機関でお金を借りられます。

派遣社員がお金を借りるなら、銀行カードローン消費者金融を選びましょう。

即日の借入に対応しているのは消費者金融のみ。
今日中にお金が必要な人は、消費者金融を選ぶと最短1時間でお金を借りられます。

各金融機関の公式サイトを見ると、どちらも派遣社員でも申し込めるとの案内があります。

Q.契約社員や派遣社員だとお金が借りられないの?
A.契約社員や派遣社員でも、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。
引用:【アコム公式】主婦、契約社員、派遣社員、アルバイトのお客さま|カードローン・キャッシングならアコム

Q.アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?
A.アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。
引用:お申込みについて|よくあるご質問・お問い合わせ|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

【イオン銀行カードローン】派遣社員・パート・アルバイトですがカードローンは利用できますか?
以下のすべての条件を満たす個人のお客さまであれば、派遣社員・パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。

1.日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
2.ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
3.ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方。
※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。
4.イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
引用:【イオン銀行カードローン】派遣社員・パート・アルバイトですがカードロ…|イオン銀行

金融機関の条件からわかる、派遣社員がお金を借りるポイントは次の2つ。

  • 派遣先で仕事をしていること
  • 安定した収入があること

銀行カードローンも消費者金融も、お金を借りるには「20歳以上」で「安定した収入」が申込の条件となります。

派遣であっても、借りたお金をきちんと返済できる状況であれば、審査に通る可能性は十分にあるわけです。

派遣登録だけでお金を借りるのは難しい

派遣がお金を借りる上で重要なのが、返済能力があるかどうかです。派遣社員の場合、派遣会社に登録し、派遣先できちんと仕事をしている必要があります。

そのため形だけの派遣登録では、お金を借りるのが難しいでしょう。

「派遣会社に登録すれば審査に通る」と考える無職の人も多いですが、ただ派遣会社に登録しているだけで実働がない状態では、返済能力があるとはいえません。

銀行や消費者金融のカードローンに申し込むときは、必ず年収の入力が必要です。
派遣登録だけで派遣先が決まっていないと、年収の申告ができず、無職の状態と同じと判断されてしまいます。

嘘をついて年収を申告しても、派遣社員の場合、審査時に収入証明書の提出を求められる可能性も。

提出する収入証明書類がなければ、嘘だとバレてしまうため、無職の人が派遣登録をしただけでお金を借りるのは難しいと思っておきましょう。

派遣社員がお金を借りるにはどれくらいの収入が必要?

お金を借りる際に求められる「安定した収入」の基準を、派遣社員の平均月収から調べてみました。

派遣会社のテンプスタッフが発表している全国の平均月収は27万2千円です。この水準を満たしていれば、たとえカードローンで10万円借入したとしても、毎月しっかり返済していけるので、問題なくクリアできるでしょう。
参考:派遣社員の平均月収は? | 派遣・人材派遣はテンプスタッフ

派遣社員の平均月収に満たない場合でも、アルバイトでも借りれるカードローンを選べば、審査に通る確率は上がります。

また「安定した収入」には月収の金額だけでなく、勤続年数の長さも求められます。
派遣社員の場合、短期契約で登録している人もいるため、審査では慎重に見られるポイントです。

日本人材派遣協会(JASSA)が行ったアンケート調査によると、派遣社員の平均契約期間は2年弱。
契約期間でみると、「1~3年」「6ヶ月~1年」の契約が多くなっています。


引用:日本人材派遣協会 派遣社員WEBアンケート調査

カードローンに申し込む際は、派遣社員として最低でも6ヶ月の勤続が必要でしょう。3ヶ月未満だと短期契約で安定性がないと思われる可能性があります。

派遣社員は基本的に3ヶ月おきに契約期間を更新していきます。短期間で派遣先が変わったとしても、空いている期間なくずっと働いている状態であれば、勤続年数に問題ないと判断されるでしょう。

逆に派遣会社にはずっと登録している状態であるものの、派遣先で実働している期間がほとんどない場合は、勤続としてみなされないことが多いです。

借りたい金額や他社の借入状況によって、借入できるかどうかは異なります。

まずは各社の借入診断を利用して、お金を借りられそうかチェックしてみましょう。

派遣社員でお金を借りている人も多い

金融庁が行った「貸金業利用者に関する調査・研究」によると、3年以内に借入を経験したことがある派遣社員は全体の7.6%という数値でした。

3年以内に借入したことがある人の割合グラフ

職業別で比較すると、会社員>パート・アルバイト>個人事業主に次いで、4番目の結果に。
専業主婦や公務員よりも借りている人数が多いとわかります。

また特徴的だったのは、派遣・契約社員では年収の3分の1を超える借入がある人の割合が多いこと。

年収の3分の1の借入残高がある人の割合グラフ

銀行カードローンや消費者金融など、年収を超えて借入している人が多いとわかりました。

派遣社員がお金を借りれるかを左右するのは在籍確認

会社の電話機の写真

派遣社員の場合、申込条件を満たしていても、在籍確認によって審査に落ちてしまうことがあります。

在籍確認とは?
銀行や消費者金融のカードローンに申し込んだ際、会社に在籍しているか、金融機関から勤務先に電話で確認が行われる行為。
普通に会社に在籍している正社員とは違い、派遣社員は在籍扱いとならず、トラブルになることが多い。

実際に、
「派遣会社に電話がかかってきたのに、不在だと言われて審査に落ちた」
「消費者金融に申し込んだが、派遣会社に確認が必要と言われ即日借りられなかった」
上記のようなトラブルも発生しています。

派遣社員がお金を借りるときは、在籍確認に対して慎重になる必要があります。

間違った申込をすると、審査に落ちてしまったり、即日借りれなかったりといったトラブルが起こるため、しっかりチェックしていきましょう。

派遣社員の在籍確認は派遣元会社に行われる

派遣社員がカードローンに申し込むときは、登録している派遣元会社を勤務先として申請するのが一般的です。

実際にプロミスの申込画面にも「派遣社員の方は派遣元の会社名を入力してください」との記載があります。

プロミスの申込画面

間違って勤務している派遣先の情報を登録してしまうと、派遣先に電話がかかってきてしまいます。
普段あまり派遣社員宛の電話を受けない会社であれば、突然の電話に怪しまれてしまう可能性もあるので、必ず派遣元の会社名を入力しましょう。

カードローンの審査に申し込む際、派遣元会社の担当者やスタッフに、在籍確認がある旨を事前に伝えておく必要があります。

実際に派遣会社のテンプスタッフでは、在籍確認に対して次のように記載しています。

在籍確認について
第三者の方より在籍確認が入った場合、ご本人様から事前の連絡をいただいている場合のみ対応しています。在籍確認の必要が生じた場合は事前にご連絡ください。

対応例
・クレジットカード会社(お申し込み等)
・不動産会社(賃貸契約等)
・就職活動で応募された企業
・応募された会社が委託しているコンサルティング会社
引用:在籍確認・各種証明書 | 派遣・人材派遣会社テンプスタッフ

テンプスタッフの場合、事前に派遣元会社と借入先との間で、情報開示の調整をしておかなければいけません。

①借入先の金融機関に派遣登録に関する情報を伝えておく
例)スタッフNo./登録氏名/登録電話番号/登録住所など

②テンプスタッフが在籍確認の電話を受け取り、金融機関に①の情報を確認する

上記の流れで在籍確認を完了させる流れです。
派遣会社によって在籍確認の方法は異なるため、担当者に前もって伝えておきましょう。

大手の派遣会社の場合、在籍確認の電話がかかってきても、派遣登録者が多いと誰のことかすぐに把握するのは難しいです。
また個人情報保護の観点から、「在籍していない」と濁されしまう可能性もあります。

お金を借りるには在籍確認が必須なので、在籍がないと判断されれば、その時点で審査に通してもらえません。

派遣でも借りれる金融機関は?

プロミスの店舗の写真

派遣社員は在籍確認が原因で審査落ちしてしまうことも少なくありません。不安があるならば、在籍確認なしで借りられる金融機関を選ぶ手もあります。

在籍確認がなければ派遣元の会社にお金を借りているとバレる心配もありません。

派遣社員がお金を借りるのに、最も適しているのが消費者金融のSMBCモビットです。

派遣でもWeb完結なら電話連絡なしのSMBCモビット

SMBCモビットの店舗写真
SMBCモビットは、数ある大手消費者金融の中でも「電話連絡なし」をはっきりと公言しています。

以下の条件を満たしてWeb完結申込をすると、派遣元への電話連絡なしでお金を借りられます。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 健康保険証(社会保険証)と給与明細書を提出できる
  • 運転免許証・パスポートのコピーを提出できる
  • 収入証明書類を提出できる

SMBCモビットでは、健康保険証と収入証明書を提出することで、派遣会社への電話連絡の代わりとなります。

収入証明書類は、派遣会社に申告することでもらえることが多いです。大手派遣会社なら、サイト上からネットで申請できます。

在籍確認が完了し、無事審査に通れば、その日のうちにお金を借りられます!

10秒で簡単な審査を受けられるので、申込前に審査に通るかどうか、診断をしてみましょう。

>>Web完結なら電話連絡なし!SMBCモビットの借入診断はこちら

少額の借入なら無利息サービスのあるプロミス

プロミスの店舗の写真
SMBCモビットは電話連絡がない代わりに、無利息サービスを設けていません。
借りた翌日から利息が発生してしまうため、1~5万円のちょっとした借入でも利息がかかります。

もし10万円までの少額借入を検討しているなら、無利息サービスがあるプロミスを利用しましょう。

派遣社員は、会社から賞与がもらえない人も多いはず。繰り上げ返済や一括返済が難しいとなれば、なるべく利息を減らしてムダな出費を減らすことが大切です。

プロミスの公式サイトでは在籍確認なしを公言していませんが、コールセンターに相談することで、在籍確認を書類に変更してくれる可能性があります。

プロミスの問い合わせメールの写真

派遣社員という立場を利用し、「派遣会社に電話連絡をしても登録者が多くてわからないかもしれない」と伝えておけば、電話連絡を回避できる可能性があります。

プロミスにWEBから申し込んだ後、すぐにコールセンターへ電話で連絡して相談してみましょう。

>>プロミスの15秒診断はこちら

派遣社員ならネットバンクで在籍確認を回避する方法もある

SMBCモビットの他に、セブン銀行でも在籍確認なしでお金を借りられます。借入限度額は50万円までと制限されますが、原則として勤務先への連絡はありません。

ただし銀行カードローンという特性上、消費者金融よりも審査が厳しくなります。

特にセブン銀行は借入の自由度が高い分、借りられる対象を絞っている傾向にあります。

派遣社員でも正社員に匹敵するくらいの年収や勤続年数がある場合は別ですが、働き始めや年収が低い場合は審査落ちとなるため注意が必要です。

またSMBCモビットとは違い、借入までに最短でも2営業日かかります。即日の借入には対応していないため、急ぎでお金を借りたい人には向いていません。

派遣社員がお金を借りれないのはどんな時?審査落ちするパターン

安定しない収入や、在籍確認の不備以外でも、派遣社員が審査に落ちてしまうケースはいくつか考えられます。

確実にお金を借りるために、審査落ちしやすいパターンを事前に知っておきましょう。

銀行カードローンは審査に通りにくい

銀行カードローンは審査の際、収入の安定性を重視しています。
そのため正社員とくらべて安定性のない派遣社員は、慎重に審査される傾向にあります。

短期の派遣契約を繰り返している場合や、派遣社員として働いて間もない場合、銀行カードローンの審査に通るのは難しいかもしれません。

一方で大手消費者金融は、申し込んだ人の4割程度が毎月審査に通っています。年収や勤続年数の面で審査に通過するか不安な場合は、消費者金融を選ぶ方が審査に通りやすいといえるでしょう。

過去にクレジットカードやローンの支払い遅延がある

お金を借りるとき、審査でみられるのが「返済能力」と「過去の信用情報」です。

5年以内にクレジットカードや他社ローンでの支払い遅れがあると、CICJICCと呼ばれる信用情報機関に、金融事故として情報が残ります。

特にありがちなのが、スマホ料金や脱毛などのローンの延滞です。クレジットカードのキャッシングやカードローンだけでなく、普段何気なく分割払いにしているものでも、支払いが遅れると延滞として記録に残ります。

信用情報が悪いと、どれだけ年収があっても審査には通りません。

また過去10年以内に債務整理をしている場合も、審査に通らないため注意しましょう。

借りる金額を多めに設定している

いきなり50万円以上を超える多額の借入は、審査落ちの原因となるため避けましょう。

そもそも派遣社員の場合、返済能力のある正社員よりも限度額が低めに設定される可能性があります。
というのも、金融機関側としても多額の借入によって返済できないリスクがあるため。

派遣社員は契約期間が終わると、職を失ってしまう危険性があります。いきなり無職になってしまったら、毎月の返済ができなくなり、ローン会社としても困ってしまいます。

まずは5~10万円の少額借入で、審査通過を目指すのが先決です。

消費者金融は年収の3分の1までしか借りられない

派遣社員は年収の3分の1以上の借入が多いとのデータもありましたが、消費者金融は総量規制と呼ばれる法律が適用されるため、年収3分の1を超えての借入はできません。

銀行ローンやクレジットカードのキャッシングなどで、すでに年収の3分の1を超えてお金を借りている場合、消費者金融に申し込んでも審査で落とされてしまいます。

年収200万円だとすると、67万円を借りたら消費者金融での借入はできなくなってしまいます。
また複数のローン会社からの借入も、審査落ちの原因になるため、一度に何社も申し込むのは控えましょう。

派遣社員がローン以外でお金を借りる方法

カードローンに申し込んだものの、審査に落ちてしまった場合は、他の方法を頼るしかありません。

一社に落ちたからと闇雲に複数申し込むと、履歴として残ってしまい、「お金に困っている」と思われる原因になります。
さらに審査落ちしてしまう要因となるため、一気に申し込むのはやめておきましょう。

ローン以外でも派遣社員がお金を借りる方法はあります。いざというとき使える手段をみていきましょう。

派遣社員は給料の前払い制度を利用できる

派遣会社の中には、給料の前払い制度を設けているところがあります。

前払い制度がある派遣会社
綜合キャリアオプション
ランスタッド

どうしても給料日までにお金が足りない場合、登録している派遣会社に前払いしてもらえないか頼んでみましょう。

また事故や災害など、緊急でお金が必要な場合、労働基準法第25条に則り、給料日前にお金を払ってもらえます。

生活に困っているなら非正規雇用者でも公的融資を利用できる

コロナウイルスにより、派遣切りされたなどの事情があれば、非正規雇用者でも公的融資を利用できます。

派遣社員でも利用できる公的融資は次のとおり。

  • 緊急小口資金
  • 総合支援資金

それぞれの制度で借りれる金額や借りる方法は、下記のページで詳しく紹介しています。

国からお金を借りる制度

国からお金を借りる方法14選!個人が利用できる公的融資制度を条件別で一挙紹介

派遣先の従業員貸付は利用できない場合が多い

派遣先との関係性が良い場合、会社にお金を借りられないかと考える人もいるでしょう。

会社によっては従業員にお金を貸し出す「従業員貸付金制度」を設けているところもありますが、対象は正規雇用者となる場合がほとんど。
派遣社員は対象外となることが多いため、期待しない方がいいといえます。

ただし非正規雇用でも、勤続年数が長ければ制度を利用できることもあります。会社によって規定が異なるため、派遣先に一度相談してみてもいいかもしれませんね。