専業主婦でも借りられるカードローンを紹介!バレずにお金を借りるには?

専業主婦がお金を借りるには?

食費や光熱費などの生活費の管理や、ママ友との付き合い、ヘアサロンなどの費用…。

専業主婦の方でもお金が必要になる様々な場面はありますよね。

この記事ではどうしてもお金が必要な専業主婦の方のために、主婦でも利用しやすいカードローンや、バレないように借りる方法について解説していきます。

今すぐお金が必要な専業主婦がお金を借りる方法は?

専業主婦は本人に一定の収入がないので、パートをしている主婦に比べるとお金を借りる手段は限られてきます。

専業主婦でもお金を借りられる方法はこちらです。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング機能

カードローンやキャッシングの審査では、申込者本人に収入があるかが非常に重要なポイントになってきます。

収入がない人は審査に通るのが厳しいと思われていますが、中には専業主婦でも利用できるものがあります。

ここからは専業主婦でもお金を借りやすい金融機関を確認していきましょう。

注意!

やみくもに申し込みをして、審査に落ちるとその記録がすべて自分の信用情報として残ります。

短期間に何回も審査に落ちていると信用情報に傷をつけてしまい、さらに審査に通りにくくなることに…。

審査に通りやすい金融機関を、あらかじめチェックして申し込みましょう。

専業主婦でもお金を借りやすい銀行カードローン

銀行ローンは専業主婦が最もお金を借りられる確率が高い方法です。

通常、収入がない無職にあたる人はローンの審査に通りませんが、専業主婦の場合は配偶者も審査対象になります。

本人に安定した収入がなくても、配偶者に一定の収入があると判断されると専業主婦でもカードローンを使えます。

専業主婦でも借り入れしやすい銀行は「ネット銀行です。

大手メガバンクである「三井住友銀行」や「三井住友銀行」のカードローンは、審査に通るのが非常に厳しいのでおすすめしません。

ここからは専業主婦でも利用しやすいネット銀行のカードローンを紹介します。

イオン銀行カードローンは専業主婦でも申し込みしやすい!

条件・満20歳以上、満65歳未満の方
・本人に収入のない場合は、配偶者に安定かつ継続した収入が必要
金利3.8~13.8%
限度額50万円(専業主婦の場合)
融資スピード最短5日
  • 専業主婦でも審査OK!
  • 限度額が50万円と多い
  • Webで申し込みが完結

イオン銀行の申し込み条件にはこのような表記があります。

ご本人さまに収入のない場合は、配偶者さまに安定かつ継続した収入が必要となります。
(引用元:カードローン |イオン銀行なら低金利、Web完結、手数料無料!

他の銀行では「本人に安定した収入があること」のような条件が多いです。

しかしイオン銀行では、本人に収入がなくても配偶者に一定の収入があれば申し込みできることがはっきりと明記されています。

またイオン銀行は、限度額の50万円まで借り入れできます。

主婦の場合ほとんどは10〜30万円ほどしかキャッシングできないので、イオン銀行は専業主婦でも借りられる金額が多く、利用しやすいです。

セブン銀行カードローンは気軽に借り入れできる!

条件・セブン銀行口座を持っている方
・満20歳以上満70歳未満の方
金利15%
限度額10・30・50万円から審査で決定
融資スピード2〜4日
  • 全国のセブン銀行で手続きできる
  • 1,000円単位で24時間いつでも気軽に借り入れ
  • ATM手数料、返済手数料無料

セブン銀行カードローンは、専業主婦でも利用できたという口コミが多く、審査に通りやすいサービスです。

セブン銀行のメリットは、アプリのみで申し込みが完結して、全国のセブンイレブンのATMから24時間借り入れできること。

銀行ローンの申し込みは、書類の記入など何かと面倒な印象ですが、セブン銀行ならアプリからいつでも申し込みOKです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは無利息期間がお得!

条件・お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
・お仕事をしていて、安定した収入のある方
(配偶者に安定した収入があればお申し込みいただけます。)
金利1.59〜18%
限度額10〜最大1,000万円
融資スピード最短翌日
  • 最初の30日間は利息0円!
  • ライフスタイルにあわせて返済日を自由に選べる
  • 口座を持っていればアプリから申し込み可能

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは条件に記載されているように、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みできます。

ジャパンネット銀行の魅力は、初回特典に無利息期間があること。
初回の借り入れ日から30日間は金利が発生しないので、生活費に少額借りてすぐに返済する予定の主婦にはぴったりのサービスです。

ただし金利は100万円未満の借り入れだと、18%と銀行ローンの中では少し高めになっています。

楽天銀行カードローンは最短翌日に借りられる!

条件・日本国内に居住の20歳~62歳までの方
金利1.9〜14.5%
限度額100〜最大800万円
融資スピード最短翌日
  • 最短翌日にはお金が借りれる!
  • 金利は最大14.5%の低金利
  • スマホだけで申し込みできる

楽天銀行カードローンの魅力は、融資のスピードが早いこと。

銀行カードローンは借り入れまで1週間以上かかりますが、楽天銀行は最短で翌日、ほとんどの場合が2日以内にお金を受け取れます。

注意しておきたいのは、土日祝日は審査を行っていないこと。

早く手続きを済ませるためには、月〜木曜の間に申し込みしておくことをおすすめします。

専業主婦でも即日お金を借りられる消費者金融はある?

消費者金融のカードローンは即日融資を受けられる借り入れ方法。

今日中にお金が必要な人や、少額を短期間だけ借りたい人には消費者金融の方がおすすめです。

ただし、専業主婦が消費者金融の審査に通るのは非常に厳しいです。

消費者金融で借り入れできる限度額は「総量規制」という法律で決まっています。

総量規制とは?

返済能力を超える金額の借り入れから、消費者を守るための法律。
消費者金融などの貸付業者は、年収の3分の1を超える貸付けが禁止されます。

銀行や信用金庫なども融資を行っていますが、これらは総量規制の対象外です。
(参考:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

消費者金融で借り入れできる金額は年収の3分の1までです。

自身の年収がない専業主婦の方は、そもそも借り入れできない仕組みになっています。

大手消費者金融のアイフルでは、申し込み前に仮審査の結果がすぐにわかる「1秒診断」のサービスがあります。

ここで専業主婦として申し込みをしてみると「お借り入れができません」と表示され、申し込みできないことがわかります。

アコムやSMBCモビットといったその他の大手消費者金融でも、専業主婦の方は借り入れできません。

プロミスでは女性専用「レディースキャッシング」のサービスを提供していますが、こちらは働いている女性やパートをしている女性が対象になっています。

専業主婦の方は借り入れできないので注意しましょう。

消費者金融「ベルーナノーティス」は専業主婦でも借りられる

唯一専業主婦でも利用できる消費者金融に「ベルーナノーティス」があります。

ベルーナノーティスには大手消費者金融が導入していない「配偶者貸付制度」があります。

本来専業主婦の方は年収がゼロなので総量規制によって借り入れできませんが、配偶者貸付制度を利用すると配偶者に年収があれば借り入れ可能です。

申し込みに必要な書類はこちらの3つです。

  • 本人確認書類(本人と配偶者それぞれ必要)
  • 住民票の写し
  • 配偶者貸付に関する同意書
本人だけでなく、配偶者の本人確認書類や同意書が必要です。

申し込みの際は配偶者に相談しなければいけないので「夫にバレないようにお金を借りたい…」という専業主婦にはおすすめできない方法です。

専業主婦でも発行しやすいクレジットカード

お金が必要な専業主婦の人は、クレジットカードを発行する方法もあります。

「ショッピングやネット通販に利用するだけ」「来月すぐに返済できる」などの人は、クレジットカード払いを利用した方が、金利も発生しないので安心です。

専業主婦でも比較的審査に通りやすいクレジットカードは「セディナカードJiyu!da!」です。

年会費無料
申し込み条件18歳以上で電話連絡可能な方
特徴・付帯保険が充実
・セブンイレブン、イオン、ダイエー各店舗で毎日ポイント3倍
・海外ショッピングでポイント3倍

セディナカードの申し込み条件は「18歳以上で電話連絡可能な方」となっています。

他社のクレジットカードは「安定した収入があること」などが条件に入っており、専業主婦は申し込みのハードルが高いです。

セディナカードは18歳以上であれば申し込み可能で、他社と審査基準が異なるので比較的審査にも通りやすいクレジットカードです。

こちらの記事では、その他おすすめのクレジットカードを紹介しています。

キャッシングで即日融資できるクレジットカードとお金を借りる流れ

専業主婦はクレジットカードのキャッシング枠を利用できない

実はクレジットカードにもキャッシング機能がついており、買い物の支払いだけでなく現金の借り入れが可能です。

しかしクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となります。

年収のない主婦はクレジットカードを発行できても、キャッシング枠を付けられない場合がほとんどです。

セディナカードJiyu!da!では「配偶者貸付け」を利用すると、専業主婦の方でもキャッシングを利用できます。

ただし配偶者の同意書が必要となるので、内緒でお金を借りることはできません。

こちらの記事では無職の人がお金を借りる方法について、詳しく解説しています。
専業主婦やシングルマザーがお金を借りるための手段も紹介しているので、参考にしてみてください。

無職でもお金を借りる方法はある!ニート・学生・主婦など属性別に解説

専業主婦がバレないようにお金を借りるには

夫(旦那)に内緒でお金を借りたい専業主婦は銀行カードローンを利用しましょう。

銀行カードローンの審査では、配偶者の年収も審査基準にはなりますが、直接連絡が入ることや同意書を求められることはありません。

夫や夫の勤務先への電話確認がないので安心して申し込みできます。

専業主婦が消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用するには、配偶者の勤務先情報や同意書が必要。

銀行ローンは契約者(専業主婦)本人の手続きのみで申し込みが可能です。

郵便物でバレる可能性は低い

ローンの手続きをすると、銀行からローンカードが届きます。

ローンカードの封筒に記載されているのは「楽天銀行」や「イオン銀行」といった銀行名のみです。
「カードローンのご案内」のような表記はないので、封筒の外観だけでバレることはありません。

またローンカードの郵送は「本人限定受取郵便」といって、本人しか受け取れない方法で配送されます。

夫が郵便物を受け取って、勝手に開封されることはありません。

財布や通帳を見られないようにする

カードローンの利用がバレる原因で多いのが、通帳や財布を見られること。

返済の履歴が残っている通帳や、ローンカードが入っている財布を見られると借金をしていることがバレてしまいます。

夫婦で家計の管理を共有している人は注意しましょう。

ネット銀行のカードローンであれば、通帳はスマートフォンのアプリにしか残らないので見られる可能性は低いです。

支払いの延滞をしないようにする

支払いの延滞をしてしまうと、契約者本人のスマホに催促の電話がかかってきます。

もし電話に出なかった場合、自宅の固定電話や夫の勤務先にも連絡が来るようになります。

頻繁に金融機関から電話が来ると怪しまれるだけでなく、延滞によって自分の信用を落とすことにもなるので、返済は遅れないようにしましょう。

カードローンで審査落ちした専業主婦の対処法

カードローンの審査に落ちたけど、どうしてもお金が必要な専業主婦の方は金融機関以外でお金を用意する方法も検討しましょう。

質屋でお金を借りる

質屋とは、ブランド品や時計などの品物を担保にお金を借している業者です。

品物を保証に差し出してお金を借りるので、審査なしで専業主婦でも利用できます

もし返済できなくなっても品物が手元に戻らないだけで、利息の返済に苦しむリスクがありません。

ブランド品を持っていない場合でも、パソコンやカメラなどの電化製品も預けられます。

不用品をフリマアプリで売る

質屋に預ける品がない人は、不用品をフリマアプリへ出品するのもひとつの手です。

あまり大きな金額にはならないイメージもありますが、着なくなった人気ブランドの服、過去に使っていたスマートフォンなどは高く売れる傾向にあります。

家にある不用品を売るだけでも、1〜5万円ほどのお金は確保できる場合が多いです。

お金を借りるアプリ12選!スマホだけですぐ現金を借りられる