プロミスのお金の借り方を画像付きで紹介!申込から審査、返済まで教えます!

プロミスでお金を借りたい人へ、初めてでもトラブルなく借りられるプロミスでのお金の借り方を紹介します。

プロミスはどこよりもお金の借り方が多く、柔軟に利用しやすいのもポイント。

消費者金融のATMを初めて利用する人や、審査や在籍確認などが気になる人も、不安を解消してからプロミスでお金を借りてみましょう!

プロミスの記事でわかること
  • プロミスでお金を借りる5種類の方法
  • プロミスで「最短」「バレずに」「郵送書類なし」でお金を借りる手段
  • プロミスの基本とメリット・デメリット

新型コロナウイルスに伴う営業の縮小について

プロミスでは新型コロナウイルスの影響で、店頭窓口や電話での受付を一部縮小しています。

インターネットからの申し込み、ATMは常時稼働しているので、緊急性が高い人は次の借り方ガイドを読んで、ネットから申し込みましょう。

参考:プロミスの営業について(PDF)

初めてでも安心!プロミスのお金の借り方ガイド

プロミスでお金を借りるときの基本の借り方を紹介します。

STEP.1
プロミスに新規申し込み
STEP.2
審査結果を待つ(メール・電話)
STEP.3
契約内容の確認
STEP.4
本人確認
STEP.5
現金受け取りもしくは口座振り込み
STEP.6
ATMで返済

プロミスはネットから申し込めば、最短1時間でお金を借りられます。

プロミスでなるべく手軽にお金を借りるためには、申込方法が重要です。
プロミスのお金の借り方について、順を追って詳しく紹介していきます。

プロミスの申込方法は全部で5種類

プロミスの申込方法は全部で5種類あり、手段の多さは消費者金融でもトップクラスです。

  • ネット
  • 無人契約機(ATM)
  • 電話
  • 店舗
  • 郵送

いろいろな方法で申し込める分、申し込み方に迷う人も多いはず。

申込方法によって踏む手順がまったく違うため、トラブルなく借りるためにはなるべく簡単な方法で申し込むのがおすすめです。

当サイトがおすすめするのは、最も利用者が多いネットからの申し込み!
プロミスの申込方法について、順番に詳しく解説していきます。

プロミスの申込方法の比較表
申込方法メリットデメリット
ネット(Web完結)・スマホがあれば24時間365日申し込める
・カードなしで借入、返済可能
・郵送物なしで借りられる
・ネット会員サービスを利用できる
・ネット会員登録が必要
※申込みと同時に自動で登録
無人契約機(ATM)・22時まで営業しているため仕事帰りでも申し込める
・無人なので気兼ねなく利用できる
・店舗まで足を運ぶ必要がある
・お金を借りると周りにバレる可能性がある
・借入に関する相談はできない
店舗(お客様サービスプラザ)・スタッフに相談しながら申し込みできる・店舗まで足を運ぶ必要がある
・営業時間が18時までと短い(平日のみ)
・必要書類の持参が必要
・お金を借りることが周りにバレる可能性がある
・全国に17店舗しかない
・窓口が混んでいる場合、待つ必要がある
電話(プロミスコール)・入力や記載の手間なく口頭で申し込める
・不明点はスタッフに質問できる
・女性専用ダイヤルがある
・必要書類を店頭へ持参する必要がある
・電話が繋がるまで待たなければいけない
郵送・スマホがなくても申し込める
・ネット操作が苦手な人でも問題なし
・即日借入は不可
・借入までに時間がかかる
・申込書を手に入れる必要がある
・ポストへ投函する手間がかかる
・記載に間違いがあると再度郵送する手間がかかる

プロミス公式からのネット申し込み

プロミスの申込方法で最もスタンダードなのが、ネットからの申し込みです。
24時間365日、店舗に行かずにいつでもどこでも申し込めるのがメリット。

最短30分で審査が完了し、最短1時間で現金を借りられます。
今すぐお金が必要な人は、迷わずネット申し込みを選びましょう!

またプロミスのネット申し込みは、カードなしで借入・返済できる「Web完結」が特長です。

プロミスのネット申し込み「Web完結」でできること
  • カードなしで借入・返済ができる
  • スマホだけで申し込み可能
  • 明細や申込内容などの郵送物なし
プロミスのネット申し込みの流れ
1.公式サイトにアクセス

プロミスの公式サイトにアクセスし、申し込みを行います。

>>公式サイトはこちら

2.当てはまる方を選択する

プロミスの申込画面のキャプチャ
50万円以下の少額借入を検討している人は上、50万円以上借りる予定がある人は下を選択しましょう。

50万円以上の借入を希望する場合、本人確認書類と合わせて収入証明書類の提出が必要です。

借りる金額が増えるほど、審査も厳しくなるので注意しましょう。

3.申込内容を入力する

プロミスの申込画面のキャプチャ
申込内容に入力をしていきます。入力に間違いがあると、審査に通らなくなる可能性もあるため、正確に入力を行いましょう。

入力項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子どもの有無
  • 自宅住所
  • 勤務先住所
  • 電話番号
  • 雇用形態
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 連絡先
  • パスワード
  • Web書面への承諾

パスワードはネット会員の登録に必要となります。ネット上での取引に欠かせないので忘れないようにしましょう。

またネットからの申し込みの場合、Web明細しか申し込みできません。契約後、郵送での明細が必要な場合は、会員ページから変更できます。

入力が完了したら、最後に申し込み内容を確認し、一次審査へと進みます。

4.審査結果を待つ

申し込み完了後、一次審査が終わると、審査結果がメールで届きます。
メールで届いたURLをクリックし、以下のいずれかで本人確認を行います。

  • 金融機関口座でかんたん本人確認
  • アプリでかんたん本人確認
  • 郵送で本人確認

最も簡単なのが「金融機関口座でかんたん本人確認」です。

通常、本人確認をするためには、無人契約機や店舗へ必要書類を持っていかなければいけません。
しかしプロミスで利用可能な金融機関に口座がある人なら、免許証の画像を送るだけで本人確認が完了します。

ただし金融機関口座での本人確認は、銀行側で本人確認をすでに行っているのが条件です。
引っ越し等により銀行で住所変更を行っておらず、免許証との住所が違う場合、審査に通らない可能性もあるので注意しましょう。

金融機関口座で本人確認を行うと、必然的に口座振替での返済となります。
借りたお金の返済を、口座振替にしようと考えている人は、金融機関口座を使った本人確認が一番簡単です。
>>プロミスで利用可能な金融機関一覧

プロミスアプリの案内画面

またプロミスのアプリを使えば、アプリ上で写真を撮影して送るだけで本人確認が完了します。

アプリでの本人確認は写真を5枚も撮影しなければいけないので、提携の銀行口座を持っている人は金融機関口座での本人確認の方が手軽です。

郵送での本人確認もできますが、即日融資ができない上に、契約書類とカードが自宅に届くまで待たなければいけないため、あまりおすすめはできません。

5.在籍確認ののち、本審査を受ける

申し込み時に登録した電話番号へ、在籍確認の電話がかかります。

在籍確認が完了したら、本審査へ移ります。

本契約にあたりローンカードを発行するか聞かれますが、今すぐ借入したい場合は「カードなし」を選択しておきましょう。

6.現金の借り入れ

審査に通ったらその時点でお金を借りられます。

ネット申し込みでは、次の2種類から借入方法を選べます。

  • 銀行振込「瞬フリ」
  • プロミスATM(提携ATM)での借入

瞬フリはネット会員サービスにログインすると利用できます。ATMに足を運ばずに口座へお金が振り込まれるので、その場でお金を借りられるのがメリット!

クレジットカードや生活費の口座引き落としに間に合わない、支払いを口座振込で済ませられる、そんなときに「瞬フリ」は非常に便利ですよ。

一方で飲み会代や結婚式のご祝儀など、今すぐ現金が必要な場合はATMでの借入が必要です。

通常ローンカードがないと現金の引き出しはできませんが、カードなしで現金を引き出せる方法がアプリを使った方法です。

Web完結に欠かせないプロミスのアプリローン

プロミスアプリの画面

プロミスには「アプリローン」と呼ばれる専用のアプリがあり、アプリを使用するとスマホのみで現金の借入ができます。

プロミスの審査に通った後、アプリをダウンロードしておくと、QRコードを使って最寄りのセブン銀行ATMでいつでもお金を引き出せます。

もちろんプロミスのアプリは瞬フリにも対応!借入も返済も24時間いつでもできてとても便利です。

これはネット申し込みだからこそできる技。ローン用カードが届くのを待つ必要がなく、緊急時でも借入可能です。

  1. プロミス公式サイトから申し込む
  2. アプリをダウンロード
  3. アプリローンでお金を借りる

以上が、プロミスのお金の借り方で最も手軽な方法ですよ!

プロミスの無人契約機(ATM)でお金を借りる

プロミスの店舗写真

外出中でお金を借りるまでに少し余裕がある人は、プロミスの無人契約機も利用できます。

プロミスの無人契約機は夜22時まで土日祝も営業しているので、比較的自由度が高め。

他社の自動契約機と比較すると、アコムは21時まで、アイフルは20時までしか契約を受け付けていません。飲み会代が足りない、急遽翌日に出張が入ったなどの緊急時でもプロミスの無人契約機なら柔軟にお金を借りられます。
プロミスの無人契約機を使った申し込みの流れ
1.必要書類をもって無人契約機へ行く
プロミスの無人契約機

無人契約機に行くと、申し込みの間入室できないよう鍵をかけられます。

実際に撮影に行った店舗では、借入用のATMと契約機が分かれていました。申し込み中は誰にも見られることがないので安心です。
プロミスの無人契約機の申込画面

無人契約機の案内に沿って入力をしていきます。

聞かれる内容
  • 借入が初めてか、初めてじゃないか
  • 申し込みにあたっての同意
    (個人情報の取り扱い、詐欺の警告など)
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別(既婚、未婚)
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先形態
  • 収入証明書類の有無
  • 年収
  • 借入希望額
  • 申し込みのきっかけ
  • 利用目的

プロミスの無人契約機の読み取り部分
無人契約機で申し込みを行う場合、本人確認書類を契約機で読み取る必要があります。そのため事前に本人確認書類を用意してもっていかなければいけません。

必要な書類は以下のいずれかとなります。

運転免許証
健康保険証+1点(例:住民票の写し)※
パスポート
マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
在留カード・特別永住者証明書
住民基本台帳カード
※住民票が手元にない場合、「健康保険証」+「公共料金の領収書」でも審査可能

免許証やパスポートを持っている人は問題ありませんが、住民票や住民基調台帳カードを提出するとなると、役所に行く必要があります。

また以下の場合は追加で収入証明書類を提出しなければいけません。

  • 借りたい金額が50万円を超える
  • 他社も含めて借りている金額の合計が100万円を超える
収入証明書類
源泉徴収票
確定申告書
税額通知書
所得証明書
給与明細+賞与明細書

収入証明書類は持っていない場合、職場や税務署での発行が必要となります。多額の借入を検討しているときは、予め用意しておきましょう。

2.審査結果を待つ

申し込み内容をもとに審査が行われます。審査時間は約30分で、その間は契約機の中で待機していなければいけません。

審査中はカードの利用方法を説明するビデオが流れます。暇ではありませんが、自分が審査をしている間に他の利用者が訪れると気まずいと感じる場面もあるでしょう。

契約機内での審査時間を短縮するコツ

自動契約機にいる時間をなるべく減らしたい人は、契約機に向かう前にネットから審査に申し込んでおくのがおすすめ。

ネットから申し込めば、契約機へ向かっている間に審査が終わり、カード受け取りと現金の引き出しのみで済ませられます。

必要書類も持参する手間もなく、書類に間違いがあってもその場で訂正できるので、無人契約機内での申し込みよりはネット申し込みの方が自由度も高いです。

3.カードが発行される

審査が完了すると、無人契約機からカードが発行され、カードが出てきたらそのまま契約機でお金を引き出せます。

またプロミスの審査に通った段階でネットに登録しておけば、振込キャッシング「瞬フリ」の利用も可能となります。

プロミスの無人契約機(ATM)で借りるポイント

プロミスの無人契約機は全国に933店舗と、他社に劣らない店舗数です。
>>プロミス店舗・ATM検索

立地もよく通いやすい分、他の人に見られる可能性も高くなります。

  • お金を借りていると家族にバレたくない主婦
  • 職場の人にお金を借りているとバレたくない

こんな人はネット申し込みとアプリローンを利用し、セブン銀行でキャッシングするのがおすすめです。

セブン銀行なら普通に預金口座からお金をおろしているように感じられますし、24時間利用できる便利さもあります。

プロミスの店舗(サービスプラザ)を利用する

プロミスサービスプラザの外観の写真

初めての借入で消費者金融についてまったくわからない人は、プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)を利用する方法があります。

お客様サービスプラザではプロミスのスタッフと相談しながら、お金を借りられます。

利息や返済方法など、不明点を解決してからお金を借りたい人におすすめです。

プロミスの店舗を利用した申し込みの流れ
1.必要書類をもってお客様サービスプラザへ向かう

店頭での契約のため、必要書類をもって近くのサービスプラザへ向かいます。

現在プロミスのサービスプラザは全国に17店舗のみ。

店舗名住所
札幌お客様サービスプラザ〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西3丁目10-4 三信ビル3F
仙台お客様サービスプラザ〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央3-6-7 SSスチール仙台駅前ビル1・2F
大宮お客様サービスプラザ〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-26 石井畜産ビル2F
新宿お客様サービスプラザ〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-4-1 プリンスビル 6F
千葉お客様サービスプラザ〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-8-14 エキニア千葉2F
横浜お客様サービスプラザ〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1丁目8-2 犬山西口ビルヂング8F
金沢お客様サービスプラザ〒920-0847
石川県金沢市堀川町4-1 セントラルビル7F
名古屋お客様サービスプラザ〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目1-3 クリスタルMAビル1・2F
京都お客様サービスプラザ〒600-8210
京都府京都市下京区烏丸通七条上ル2丁目桜木町99番地 ブーケガルニビル3F
なんばお客様サービスプラザ〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目1-2 三信ビル3F
梅田お客様サービスプラザ〒530-0018
大阪府大阪市北区小松原町1番10号 梅田パルビルB1F
神戸お客様サービスプラザ〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目8番地1号 さんプラザ3F
広島お客様サービスプラザ〒730-0032
広島県広島市中区立町1番地1 エルビル1-5F
松山お客様サービスプラザ〒790-0012
愛媛県松山市湊町5丁目5-7 双和第3市駅前ビル 2F
福岡お客様サービスプラザ〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目2番1号 博多駅前ビル2F
鹿児島お客様サービスプラザ〒892-0842
鹿児島県鹿児島市東千石町13-19 天文館第2ビル3F
那覇お客様サービスプラザ〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-2-4 メゾンシャルマンビル1F

プロミスのサービスプラザは、店舗の外観を見ると、消費者金融だとわからないおしゃれな造りになっています。

2.スタッフに相談&申し込み

スタッフに相談しながら借入の申し込みができます。

3.審査結果を待つ

審査が終わると借りられる金額をスタッフから教えてもらえます。

4.プロミスについての説明を受ける

借入から返済までの流れ、注意事項を教えてもらえます。
わからない点があれば、質問もできるので、安心してお金を借りられます。

5.借入

カードが発行され、借入できるようになります。
サービスプラザにもプロミスATMが設置されているため、その場での借入も可能です。

店頭窓口(サービスプラザ)で借りるポイント

サービスプラザでは定期的にお金に関する勉強会やイベントも実施しており、気軽に来店できる環境です。

来店予約もできるので、不安なことがある人は相談しながら借入してみましょう。
>>サービスプラザ来店予約

不明点を相談しながらお金を借りられるサービスプラザは便利な反面、店舗が少ないのはデメリット。

また営業時間が平日10~18時のみとなっているため、働いている人はなかなか都合がつきにくい時間かもしれません。

「相談しながら借入したいけれど、サービスプラザに行く時間がない…」
そんな人におすすめなのが電話を使って申し込む方法です。

プロミスコール(電話)で申し込む

プロミスコールの画面
プロミスコールでは、口頭で審査申し込みができます。

スマホで打ち込んだり、書類を書いたりするのが面倒な人におすすめの方法です。

またプロミスには、女性専用のレディースコールも設置されているのが特長。

女性が応対してくれるので、初めての人でも安心して利用できます。

プロミスコールで申し込む流れ
1.プロミスコールへ電話する
プロミスコールの電話番号

プロミスコール:0120-24-0365
レディースコール(女性専用):0120-86-2634

はじめての申し込み:1を押す
その他の問い合わせ:2を押す

希望する番号に電話し、スタッフに聞かれた内容に答えていきます。
なお女性だからレディースコールに電話しなければいけないわけではありません。

なるべく女性のオペレーターに対応してほしい場合は、レディースコールを利用しましょう。

審査で聞かれる内容
  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 年収など
2.審査結果を待つ

質問内容に答えると審査が始まります。
審査時間は30分~1時間ほどかかるため、その間に契約方法を考えておきましょう。

プロミスコールからの申し込みの場合、契約方法は以下のいずれかになります。

  • プロミスの自動契約機もしくはサービスプラザへ来店して契約する
  • 郵送で契約書を送付する
来店契約の場合

来店契約を希望する場合、必要書類を持って自動契約機もしくはサービスプラザへ向かいます。

契約書類の作成後、カードを受け取れるためその日中に借入が可能です。

郵送契約の場合

電話での申し込み完了後、簡易書留郵便で自宅に申込書類が届きます。
契約書に記入した後、必要書類のコピーを添えて返送し、プロミスで受領されるとカードが送付されます。

郵送の場合は本人確認書類が2点必要となるため注意しておきましょう。

【A】いずれか1点
運転免許証
健康保険証
パスポート
マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
在留カード・特別永住者証明書
住民基本台帳カード

【B】いずれか1点
公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
社会保険料の領収書
※発行日から6ヶ月以内のもの

プロミスコールで借りるポイント

プロミスコールは9~22時までの営業で、土日祝でも申し込みが可能です。

スタッフに相談しながら借入できますが、サービスプラザとコールセンターでは対応できる範囲が異なるため、じっくり相談したい場合はサービスプラザで直接聞く方が早い場合もあります。

電話で申し込めるものの、契約やカード受け取りは店舗に足を運ぶ、もしくは郵送を待つ必要があるので、急いでいる人には向いていません。

プロミスに郵送で申し込む

プロミスのパンフレットの写真
借入を急いでいない人は郵送で申し込む方法もあります。

ただ借りられるまでに時間がかかる上に、申し込みの手間がかかるので、あまりおすすめの方法ではありません。

プロミスに郵送で申し込む流れ
1.申込書を入手する

プロミスの申込書を手に入れる方法は次の3つです。

  • ネットから申込書を請求する
  • プロミスコールに電話する
  • お客様サービスプラザで設置してある申込書をもらう

一番簡単なのはネットから請求する方法です。
公式サイトの「お申込書請求フォーム」に入力すると、申込書を郵送してもらえます。
>>プロミスの資料請求

また店頭にも申込書は設置してありますが、サービスプラザのみで自動契約機内には設置がないため注意してください。

2.申込書に記入し、返送する

申込書に記入し、本人確認書類と合わせて返送します。

郵送での送付の場合、本人確認書類のコピーが2点必要となります。

【A】いずれか1点
運転免許証
健康保険証
パスポート
マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
在留カード・特別永住者証明書
住民基本台帳カード

【B】いずれか1点
公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
社会保険料の領収書
※発行日から6ヶ月以内のもの

3.契約書類とカードが郵送される

審査に通ると、契約書類とローン用カードが自宅に郵送されます。

簡易書留郵便で届くため、配達員から手渡しで受け取る必要があります。

郵送とはいえ「プロミス」と書かれているわけでなく「事務センター」と書かれた状態で届くので、家族にバレるリスクは少ないです。

カードが手元に届いたらその時点から借入が可能となります。

郵送で借りるポイント

郵送による申し込みで万が一書類に不備があった場合、修正して再送しなければいけません。

書類が郵送されて返送し、カードが届くまでに早くても1週間以上はかかると想定しておきましょう。

プロミスの借り方で気になる在籍確認

プロミスでは審査にあたり、勤務先に電話をかける在籍確認が行われます。

「会社の人にバレたらどうしよう…」と思う人もいると思いますが、プロミス側が名乗っての電話はないため、そこまで過剰になる必要はありません。

またどうしても在籍確認を逃れたいのであれば、プロミスへの交渉で調整をしてもらえます。

プロミスへ「在籍確認はどうしても必要か?」を質問したところ、以下のような回答が送られてきました。

プロミス問い合わせへの回答メール

申し込んだ後、プロミスコールへすぐに連絡して、在籍確認について相談したい旨を申し出ましょう。

職場にバレたくないのであれば、消費者金融ではなく「クレジットカードの発行で在籍確認があるかも」と伝えておくのも一つの手です。

プロミスでお金を返済する方法

プロミスの主な返済方法は次のとおりです。

  • ネットで返済する
  • 口座振替(口フリ)
  • プロミスATMを利用する
  • コンビニATMを利用する
  • 提携ATMを利用する
  • 銀行振込
  • サービスプラザの窓口で返す
ネット返済

最も手軽に返済できるのがインターネットを使っての返済です。
店舗やATMに足を運ぶ必要なく、ネットバンキングでお金を返済できます。

また24時間365日いつでも利用できるので、返済期日ギリギリでも最短10秒で返済が完了します。

プロミスのネット返済は振込手数料が無料!無駄な手数料なく、返済できるのは嬉しいポイントです。

ネット返済を利用するには、以下の条件があります。

  • プロミスのネット会員に登録している
  • 提携金融機関口座を持っていてネットバンキングを利用できる

返済時にアタフタしないように、前もって登録しておくのがおすすめです。

口座振替(口フリ)

返済に口座振替を選択すると、わざわざ入金する手間なく、口座から自動で引き落としてくれます。

口フリを利用するためには、会員サービスから口座を登録しておく必要があります。

一度口座振替に登録してしまえばいちいち入金する手間がないため便利な一方で、口座に現金がないと引き落としができず、延滞金を取られる原因になるので注意しましょう。

通常の返済期日は毎月5日ですが、プロミスと提携している三井住友銀行、ジャパンネット銀行を選ぶと「5日、15日、25日、末日」のどれかを選べます。

ATMを利用して返済する

プロミスでは自動契約機に設置のATMの他に、提携銀行のATMやコンビニATMから返済が可能です。

自由にお金を入出金できる方法ですが、ATM手数料が発生するため注意しましょう。

取引額借入時返済時
1万円以下の場合110円110円
1万円を超える場合220円220円

三井住友銀行のATMを利用すると手数料は無料になります。

また親和銀行や広島銀行、八十二銀行などの地方銀行の場合、借入はできても返済はできないため注意が必要です。

サービスプラザの店頭で返済する

サービスプラザに行く用事がある場合、店頭窓口での返済も可能です。
サービスセンターの窓口で返済したい旨を申し出ましょう。

平日の10~18時と窓口の時間が限られているため、返済期日に間に合うよう、余裕を持っての返済をおすすめします。

条件別にプロミスの借り方を紹介!

プロミスでお金を借りるにあたって、条件別におすすめの借り方を紹介します。

プロミスで今すぐお金を借りたいときの借り方

今すぐ現金が必要なときは、ネット申し込みとアプリローンを利用したWeb完結が最も早い方法です。

STEP.1
プロミス公式サイトから申し込む
STEP.2
「カード発行なし」を選択
STEP.3
プロミスアプリをダウンロード
STEP.3
アプリローンで振込・セブン銀行ATMで24時間借入

ネット申し込みならスマホで本人確認書類を提出でき、最短1時間でお金を借りられます。

またアプリローンを使えばカードレスで現金を借りられるので、カードを受け取りに行く必要もありません。

全国に25,000個以上設置のあるセブン銀行ATMでお金を引き出せるので、どこでもすぐにお金を借りられます。

バレたくないときのプロミスでの借り方

周りにお金を借りるとバレたくないときは、店頭や自動契約機などに行かなくても良い方法をとりましょう。

郵送という手もありますが、時間と手間がかかるのであまりおすすめではありません。

バレたくないときは、ネットからの申し込みで口座への入金(瞬フリ)を利用するのがおすすめ。

瞬フリならば自分の指定した銀行口座に振り込まれるので、プロミスの契約機でなく、銀行でお金を引き出せます。

周りから見たら預金口座からお金をおろしているようにしか見えないので、お金を借りているとバレる心配もありません。

書類の郵送なしでお金を借りる

消費者金融を利用した明細書が郵送されるのを防ぎたいならば、ネットから申し込むと必然的にWeb明細となります。

自分が会員ページで再設定しなければ、明細書は送られてこないので安心です。

家族に借金しているとバレたくない主婦や、学生におすすめの方法です。

お金の借り方をどこよりも選びやすいプロミス

プロミスはお金の借り方が多く、自分に合った方法を選びやすいのが特長。

電話の対応時間や、自動契約機の営業時間も他社より長いので、今後の借入でも使いやすい消費者金融です。

お金の借り方が豊富な以外にも、プロミスには次のようなメリットがあります。

上限金利がどこよりも安い

プロミスの金利は実質年率4.5~17.8%に設定されています。

初回の借入では上限金利の17.8%が適用されますが、他社は上限金利が18.0%に設定されているため、大手の中ではどこよりも安くなります。

20万円を1年かけて返したとすると、18%の場合は36,000円、プロミスでは35,600円になります。たった400円ですが、無駄な手数料が減ると思うと助かりますよね。
無利息期間が「初回利用の翌日」から適用される

大手消費者金融で設置されている無利息期間。利息なしで元金のみ借りられる期間ですが、プロミスは「初回利用の翌日」から適用となっています。

他社では契約翌日から無利息期間が適用されるため、たとえ借入しなかったとしても無利息期間は終了してしまいます。

一方でプロミスは、初回利用翌日からの適用となるため、契約後お金を借りなかったとしても無利息期間はなくなりません

契約した誰もに30日間適用されるサービスとなっています。

アプリでクーポンが利用できる

プロミスは借入で唯一、アプリでのクーポンサービスがある消費者金融です。

プロミス会員限定の「おとくらぶ」には、日常で利用するガソリンスタンドや映画館、レストランなど幅広いサービスが対象となっています。

プロミスのアプリに登録しているだけで、次のような特典を受けられます。

Hulu 1ヶ月無料トライアル権プレゼント
ブックオフ 300円相当のお買い物券プレゼント
ピザーラ Lサイズ500円オフ
磯丸水産 10%オフ

スマホ画面上ではプロミスアプリだとわからないので、借金をしているとバレずに利用可能です。

手数料無料の範囲が広い

プロミスは自社ATMのほか、三井住友銀行のATMでも手数料無料で使用できます。

自動契約機内に設置されているATM以外で手数料無料で利用できるところは珍しいので、とことん無駄なく利用できるのがメリットです。

キャンペーンの実施頻度が高い

プロミスは初回の無利息サービス以外にもキャンペーンが多いです。

現在実施されているキャンペーンはこちら。

  • 春のお取引再開キャンペーン
  • 一定期間取引のない方 30日間無利息

  • 証明書類提出キャンペーン
  • 証明書類の提出でQUOカード500円分プレゼント
    抽選で合計3,000名に選べるプレゼント

  • プロミス×三井住友VISAプリペイド
  • はじめての契約で三井住友VISAプリペイドカード(2,000円分)プレゼント

ただ借入するだけでなく、プレゼントが当たったり、お得に利用できるキャンペーンが豊富です。

また取引再開キャンペーンは、しばらくプロミスでの取引がない人を対象に30日間無利息で利用できるキャンペーン。
プロミスで頻繁にお金を借りる予定がない人でも、お得に利用できるのでおすすめです。