一時的にお金を借りたい人必見!1ヶ月から低金利で借りられる

どうにかしてお金を用意したい場面では「いかに早く融資を受けられるか」と「審査に通りやすいか」が重要になります。

この記事では、当サイトで紹介している数あるお金を借りる方法の中でも、特に1ヶ月などの短期間だけお金を借りるのに向いている手段を解説していきます。

「友達との飲み会や旅行にお金が必要!」
「いきなりの収入ダウンで生活が苦しい…」
など使いたい場面や、借りたい金額によっても最適な方法が異なってきます。

一時的にお金を借りたい人はぜひ、参考にしてみてください。

一時的にお金を借りたいとき使える方法10選!

お金を借りる方法には金融機関だけでなく、公的な制度や国の支援制度といった様々なものがあります。

大型のローンや奨学金といった長期の借り入れを除いた、一時的にお金を借りるのに向いている方法はこちらです。

種類限度額金利限度額
金融機関消費者金融カードローン即日4.5〜18%1〜800万円
銀行カードローン1週間〜2週間2〜14%10〜800万円
ネット銀行カードローン翌日〜1週間2〜14.5%1〜800万円
クレジットカードの
キャッシング機能
即日18%1,000円〜300万円
中小消費者金融即日8~20%1~500万円
公的制度生命保険契約者貸付即日3~5%解約返戻金の7~9割程度
ゆうちょの自動貸付即日0.2~0.5%預入金額の90%まで
年金担保貸付4週間ほど2.80%10万円~200万円
支援制度生活福祉資金貸付制度1.50%1ヶ月60万円
緊急小口資金1週間無利子10万円

いつまでにお金が必要なのか?いくら借りたいのか?自分の状況に合わせて最適な借り入れ方法は変わるので、よく考えて選びましょう。

一時的にお金を借りる方法で迷ったら消費者金融カードローンがおすすめ

消費者金融は即日でスピーディに融資を受けられ、比較的審査に通りやすい傾向にあります。

少額の借り入れにも対応しており、一時的にお金を借りたい人に便利な借り入れ方法です。

「とにかく早くお金を用意したい」
「自分にあった借り入れ方法がわからない」
という人は、消費者金融カードローンが向いています。

消費者金融カードローンなら最初の30日間は金利ゼロ

消費者金融カードローンが一時的にお金を借りるのに向いている理由のひとつに、無利息期間サービスを実施している点があります。

大手消費者金融では、契約または最初の借り入れから一定期間は金利ゼロで借入可能です。

消費者金融名無利息期間
プロミス30日間
アコム30日間
レイクALSA60日間
(5万円までの場合 180日間)
アイフル30日間

ほとんどの消費者金融で30日間の無利息期間があり、中でも「レイクALSA」は最大180日間もの借り入れが無利息となります。

「1ヶ月だけ3万円だけ借りたい!」といった短いスパンでお金を借りたい人は、利息分を払わなくていいのでお得です。

なぜ消費者金融では無利息でお金を借りられる?

消費者金融が無利息サービスを実施している理由として、新しい人に気軽に利用してもらいたいという狙いがあります。

消費者金融と聞くと「金利が高そう…」「なんとなく怖いイメージ…」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

そういった人にもお試しで利用してもらえるよう、無利息サービスを実施し、審査のハードルを下げ幅広い層が契約できるようにしています。

一時的にお金を借りたい人は、この無利息サービスを有効に活用すると、負担を抑えてお金を借りられます。

銀行カードローンで一時的に10万円から借りられる

一時的にお金を借りる方法として銀行カードローンがあります。

銀行には住宅ローンや事業ローンなどの大型のローンだけでなく、手軽に利用できるカードローンの取り扱いもあります。

商品名金利限度額
三井住友銀行 カードローン4.0~14.5%10〜500万円
三井住友銀行 カードローン「バンクイック 」1.8~14.6%10〜500万円
みずほ銀行 カードローン2.0~14.0%10〜800万円
りそな銀行 カードローン3.5~13.5%10〜800万円

大手メガバンクのカードローンをチェックすると、10万円から借り入れ可能です。

金利を見ると14%ほどで、消費者金融の18%よりもかなり低金利となっています。

たった4%の差なのでそれほど変わらないイメージもありますが、10万円を3ヶ月借りたと想定するとこれだけの違いになります。

10万円を3ヶ月借りた場合の利息
金利14.0%:14,000円
金利18.0%:18,000円

金利14.0%の方が4000円も安くなる!

銀行カードローンの選び方は、普段から使っている銀行があればそちらの商品を利用するのがおすすめ。

新規で口座を開設する手間がなく、Webからでも申し込みできるので、一時的にお金が必要な場面でスムーズに借り入れできます。

ネット銀行カードローンなら審査に通りやすい

銀行ローンには、審査に通りにくいというデメリットがあります。

低金利で借り入れできますがその分審査を厳しくして、より返済能力の高い人に絞ってお金を貸している傾向があるのです。

こちらの条件に当てはまる人は、審査で不利になることが多いです。

  • アルバイト、フリーター
  • 自営業、個人事業主
  • フリーランス
  • 勤続年数が短い会社員

審査に不安がある人におすすめなのが、ネット銀行のカードローンです。

ネット銀行は審査の敷居を下げて、より多くの人からの申し込みを受け付けている特徴があります。

また大手メガバンクでは、申し込みから借り入れまでに1週間以上かかる場合も多いですが、ネット銀行のカードローンは最短翌日に融資を受けられます。

銀行の低金利と消費者金融の手軽さを合わせたようなイメージで、一時的にお金が必要な人におすすめです。

クレジットカードなら一時的に1万円から借りられる

クレジットカードには、通常のショッピング機能に合わせてキャッシング機能のついているものがあります。

近くのコンビニなどのATMからすぐにお金を借りられるのでおすすめです。

ただし金利は18%程度のものが多く、決して低いとは言えません。
多額・長期間の借り入れは、利息が膨らんでしまうケースもあるので注意しましょう。

クレジットカードのキャッシング機能は審査なしで借りられる

クレジットカードのキャッシングを利用する際は、特に審査は必要ありません

クレジットカードは発行時の審査であらかじめショッピング枠とキャッシング枠の限度額が設定されています。

キャッシングを利用するために再度審査しなおす手間はなく、限度額内なら何回でも追加でお金を借りられます。

クレジットカードを持っていない人でも、キャッシング機能付きのクレジットカードを即日発行が可能です。

キャッシングで即日融資できるクレジットカードとお金を借りる流れ

審査が不安なら中小消費者金融で一時的にお金を借りる

お金を借りられる金融機関の中には、中小企業が運営する消費者金融もあります。

即日融資を受けられるので、一時的に今すぐお金が必要な人におすすめできる借り入れ方法です。

消費者金融名利息(実質年率)融資額
フクホー7.3~20.0%5~200万円
フタバ14.959%~17.950%10万円~50万円
セントラル4.8~18.0%1~300万円
キャレント7.8~18.0%1~500万円
キャネット15.0~20.0%5~300万円

1〜5万円からといった少額の借り入れにも対応しています。

ただし金利は20%と、他の金融機関に比べてかなり高めに設定されています。

中小消費者金融は審査に通りやすい

中小消費者金融のメリットは、大手消費者金融で審査に通らなかった人でも、審査通過する可能性があること。

大手よりも審査のハードルを下げ、他では融資を受けられなかった人にも積極的に融資を行っています。

中小の消費者金融でも「貸金業法」という法律に則って運営しているので、不当な金利の請求や無理な取り立てはありません。

ただし中には、闇金業者が紛れ込んでいることもあります。

「激甘審査」「誰でも借りられる」などの、甘い言葉で勧誘してくる業者には注意しましょう。

正式に登録されている業者であるかは、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で確認できます。

生命保険会社から一時的にお金を借りる方法もある

生命保険に加入している人は「契約者貸付制度」という制度で、一時的にお金を借りられます。

終身保険や養老保険などの積立型の保険には、解約時に返金される「解約返戻金」があります。

契約者貸付制度を利用すれば、解約返戻金の一部を借りられるのです。

契約者貸付制度のしくみを説明する画像

借りたお金は利息をつけて返済することになりますが、金利は3〜5%と金融機関で借りるよりも圧倒的に低金利です。

また自分に返ってくるお金の一部を借りる制度なので、無職や専業主婦の人でも審査なしで借りられます。

利用するには対応している保険に加入している必要があるので、保険会社に契約者貸付制度があるかを確認してみましょう。

高齢者は年金を担保に一時的にお金を借りられる

収入源が年金しかない高齢者でも、どうしてもお金が必要になる場面があります。

そんなときには「年金担保融資制度」の利用を検討してみましょう。

年金を担保にお金を借りるのは法律で規制されていますが、「福祉医療機構(WAM)」という機関でのみ唯一受け付けています。

年金担保融資の仕組み

他の金融機関での審査に通過できない高齢者でもお金を借りられる代わりに、返済が終わるまでは年金の受給額が減るシステムになっています。

年金担保融資によってさらに生活が苦しくなるリスクもあるので、利用する場合は一時的に少額の金額を借りるのみにしておきましょう。

年金担保融資とは?

年金担保融資ってどんな貸付制度?金利や審査基準まですべて解説します

国の支援制度で一時的にお金を借りる

「突然の失業で今月の生活費が足りない…」
お金が必要な人の中には、このような理由でどうにかしてお金を用意したいケースも多くあります。

失業や貧困が原因で資金が不足している人に勧めたいのが、国の支援制度です。

生活費を支援する制度には「総合福祉資金」と「緊急小口資金」があります。

制度金利限度額用途
総合支援資金 – 生活支援費連帯保証人を立てる場合:無利子
連帯保証人を立てない場合:年1.5%
60万円1ヶ月
緊急小口資金無利子10万円5日

これらは生活に困窮している人を対象に、無利子でお金を貸付している制度です。

総合福祉資金の場合、融資を受けるまでに申し込みや書類の確認・審査を含めて1ヶ月ほどの時間がかかります。

とにかく急ぎでお金が必要な人は、最短5日で融資を受けられる緊急小口資金が向いています。

国の支援制度の詳しい情報は、こちらの記事で解説しています。

国からお金を借りる制度

国からお金を借りる方法14選!条件別で利用できる公的融資制度を一挙紹介

親や知人から一時的にお金を借りる方法も

金融機関のカードローンを利用すると、誰にもバレずにお金を借りられますが、金利が膨らんで返済が苦しくなるリスクがあります。

一時的にお金を借りるだけなら、親や知人などの身近な人からお金を借りる方法もあります。

親にお金を借りる理由をうまく伝えられず困っている人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

親にお金を借りる方法と理由を100名に調査!トラブルなく借りられる言い方も紹介

金利や審査といった心配がなくお金を用意できますが、繰り返してお金を借りる、いつになっても返済しないなどの行為をしているとトラブルの原因になります。

最悪の場合、お金を借りていた友人に少額訴訟を起こされるケースもあるので注意しましょう。

最速でお金を借りる方法は消費者金融カードローン

とにかく早くお金を借りたい人は、消費者金融カードローンを利用してみましょう。

プロミスやアコムといった大手消費者金融は審査が最短30分と早く、審査に通過するとそのまま近くのATMで借り入れ可能です。

お金を借りる方法が多くてどれが自分に合うのか迷ってしまう…という人は、消費者金融のカードローンがおすすめです。